HOME>オススメ情報>学べる内容の種類と特徴について理解しよう

デザインにも種類がある

描く人

グラフィックデザインについて学んで技術を身につけるとグラフィックデザイナーとして色々な分野で働くことができます。専門学校で技術を習得しようと考えたときに押さえておきたいのがグラフィックデザインの種類です。グラフィックデザインは対象によって種類分けされてカリキュラムが組まれている場合が多く、どんな分野で働きたいかに応じて選ぶことができます。広告デザインなら広告の作成に携わることができ、パッケージデザインなら商品パッケージのデザイナーとして働けます。セールスプロモーションツールのデザインやブランドデザインなど、種類は多岐にわたっているので自分に合っているものを選びましょう。

専門学校で学ぶと即戦力になる

絵を描く人

グラフィックデザインは独学で学ぶこともできますが、専門学校で学ぶメリットもたくさんあります。代表的なのが即戦力になる技術を習得できることで、就職して働くことを念頭に置いた実践的なカリキュラムが組まれているのが特徴です。現場でどのような能力が求められているかを熟知しているのが専門学校の特色として知られています。学歴も高く評価されることが多いため、就職するうえでも専門学校を卒業するのは魅力的な選択肢です。

プロになるための下地ができる

ペンタブレット

専門学校でグラフィックデザインを学ぶ方法を選ぶと、自分で習得したいと考えて選んだ分野のグラフィックデザイナーとして十分な下地を作れるのも特徴です。プロとして働きながら成長していけるようにするための基礎となる知識や技術を一通り身につけられます。実践的な力を手に入れるためだけの付け焼き刃のカリキュラムではなく、将来的にもプロとして活躍できるようにするためのノウハウを網羅的に学べるようになっているのが魅力なのです。